「はやぶさ2」実物大模型 西多摩展示ツアー

日本一精巧と評された「はやぶさ2」の実物大模型を、西多摩の子供達に見せたい! 

 ただ見るだけの展示が多い中、この企画では解説員が実際に模型を動かして解説します。子供達に宇宙への夢や希望を届けます!
 そしてこの企画でのスタッフトークの様子は動画資料としてまとめ、実物大模型と共に次の展示地へと送り出します。あなたの街に「はやぶさ2」が来るとき、私たちの解説も一緒に見ることができるかもしれません。

!!クラウドファンディング SUUCESS 達成!!

ご支援・ご協力くださった皆様、ありがとうございました!

 9月10日(金)、目標金額50万円に対して585,496円でフィニッシュしました。延べ70人もの皆様から、たくさんのご支援を頂戴しました。改めて感謝申し上げます。
 また、目標金額を超えてからも続々ご支援をいただきました。これは皆様からのこの企画に対する期待の表れと受け止めております。よりよい展示を目指して、最後までがんばります。

クラウドファンディングのプロジェクト詳細は下記をご覧ください。

西多摩の子供たちに日本一精巧な「はやぶさ2」の実物大模型を見せたい!

企画概要

 子供達に宇宙開発の奥深さとおもしろさを伝えたい。そのために「日本一精巧 」な模型を使って、豊富な知識を持つ解説員が全力で解説する。そしてその成果をあなたの街にも届けたい。
 それがこの企画の目標です。

 この企画で使用する小惑星探査機「はやぶさ2」の実物大模型は実機を忠実に再現しており、JAXA施設で展示されているものを超える完成度を誇ります。アマチュアが趣味で作った範疇を遙かに超え、日本科学未来館Society5.0 など、多くの展示実績があります。
 全国行脚で忙しいこの模型ですが、しかしそのほとんどが解説パネルと共に展示されるだけ。各パーツが正しく動き、そして光るこの模型は、豊富な知識を持つ解説員が着くことでさらにおもしろい展示になるはずです。

 まずは9月5日(月)~14日(火)の日程で小中学校を巡回展示します。対象は全7校、2,500人あまり。精巧な模型を目の前に、子供達に宇宙開発のおもしろさを直接伝えます。
 そして9月18日(土)、19日(日)には、一般の方を対象に東京都昭島市の「アキシマエンシス」にて展示します。ここでは解説員が常駐しますので、質問をどしどしぶつけてください。また期間中は合計10本以上のトークイベント(各回15分程度)を行い、各テーマを深掘りしていきます。

 この模型はこの後も全国を巡ります。このプロジェクトの成果は映像資料として残し、あなたの街にも届けます。

学校巡回展示

 福生市内の小中学校のうち、7校を巡回します。合計2500人余りの児童・生徒を対象に、「はやぶさ2」の実物大模型を解説付きで展示します。

スケジュール

9月6日(月)
福生第三中学校(生徒数:222人)
9月7日(火)
福生第七小学校(児童数:239人)
9月8日(水)
福生第五小学校(児童数:293人)
9月9日(木)
福生第一小学校(児童数:321人)
9月10日(金)
福生第二小学校(児童数:411人)
9月13日(月)
福生第三小学校(児童数:445人)
9月14日(火)
福生第六小学校(児童数:366人)

一般展示

 実物大模型を光らせて動かし、豊富な知識を持つ解説員が「はやぶさ2」のミッションや機能を生で解説します。質問がありましたら、どしどしぶつけてください。
 また会期中の2日間で10本以上のミニトークイベント(各回15分程度)を行い、各テーマを深掘りします。

日程

2021年9月18日(土)、19日(日) 2日間
いずれも 10:00 ~ 18:00 (入退場自由)

場所

アキシマエンシス (東京都昭島市)
 JR青梅線昭島駅北口より徒歩10分
 JR青梅線中神駅北口より徒歩10分

「はやぶさ2」実物大模型について

この模型は愛知県武豊(たけとよ)町の有志の皆さんが作り上げました。
ファンが作ったと侮るなかれ。JAXAの協力の下、細部まで徹底的に作り込まれています。
JAXA施設で展示されているものも含めて実物大模型はいくつかありますが、各パーツを正しく動かすことができるのは「たけとよモデル」だけです。

「たけとよモデル」のこだわりポイント

多くの展示実績を持つクオリティと、こだわりの一部をご紹介します。

メーカーの違いも表現! 金色に輝くボディ

ボディの金色は断熱材の色。メーカーによる色の違いも忠実に再現しました。どこが違うか探してみてください。

ホントに光ります! ターゲットマーカー

下面にある銀色のボール。フラッシュをたくと光ります。どう使ったかは解説をお楽しみに。

本物の色を再現しました! イオンエンジン

JAXA宇宙科学研究所の協力を得て、使用中の色を再現しました。宇宙での色をその目で確認してください。

「日本一精巧」について

このモデルを製作するにあたっては JAXA がデータ提供をするなどの協力し、詳細に至るまで専門家のチェックが入っています。
現在でも展示のたびに関係者がチェックをしており、実機と異なる点が見つかった場合は修正提案が出され、随時修正しています。今回の西多摩地区での展示には間に合いませんでしたが、次のバージョンアップでは機体上部のメインアンテナと機体下部のフラッシュランプがより実機に近い形に更新される予定です。

また「「はやぶさ2」トークライブ シーズン2」(2020年2月15日) にて「はやぶさ2」プロジェクトメンバーが「日本一精巧なモデル。世界一でないのは本物が上(宇宙)を飛んでいるから」と評しました。

トークイベントについて

「はやぶさ2」に関するトピックスを解説員が全力で解説するトークイベント。
たとえば計画の概要、着陸の様子、サンプル分析の今、などなど。
期間中、様々なテーマで10本以上を予定しています。
実物大模型を動かしての解説は、この企画でしか見ることができません。

この解説の様子は動画資料としてまとめ、実物大模型と共に次の展示地へ届けられます。あなたの街に「はやぶさ2」が来たとき、私たちの解説も見ることができるかもしれません。
プロジェクトファンディングを通じてご支援くださった皆様には、その動画を先行配信します。

解説員紹介

寺薗淳也
先代の「はやぶさ」で広報チームに所属。NHK「サイエンスZERO」などにも出演。
金木利憲
宇宙開発系フリーランスライター。はやぶさ2の取材を多く行う。
小川史朗
宇宙開発系カメラマン。はやぶさ2など宇宙機の小冊子執筆経験あり。

※ 解説員として参加予定だった鈴木雄大は、都合により欠席します。

資金調達について

 この企画は、クラウドファンディングにて資金調達を行います。ご支援いただいた資金は下記の目的で使用します。

  • 全国を巡っている実物大模型の輸送費
  • 豊富な知識を持つ解説員の人件費
  • 皆様に解説動画を配信するための機材費
  • クラウドファンディング利用のための手数料
  • その他、本企画にかかる諸経費

 この企画の経費のうち、ほとんどは輸送費です。全国行脚をしている実物大模型を西多摩に取り寄せ、次の場所へ送り出す送料はもちろん必要ですが、小中学校を巡回するための運賃が非常に大きなウエイトを占めます。
 比喩表現でなしに、子供達の笑顔は皆様が運んでくださいます。

クラウドファンディングページ

9月10日(金)を持って、クラウドファンディングの募集を締め切りました。
目標金額50万円に対し、延べ70人の皆様から合計585,496円のご支援を頂戴しました。
100%を超えて達成することができたのは、ひとえに皆様のご期待の表れと受け止めています。
たくさんのご支援、ありがとうございました。

クラウドファンディングの詳細は、下記をご覧ください。

西多摩の子供たちに日本一精巧な「はやぶさ2」の実物大模型を見せたい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました